厳選茶葉へのこだわり

二重橋(nijubashi)では、オーナーが厳選した中国茶を各種お取り扱いしております。


水仙烏龍茶

水仙烏龍茶には、主に2つの種類があります。福建省の中心を流れる河川・閩江(みんこう)の北部で採れる「閩北水仙」と、南部の「閩南水仙」です。つくり方や見た目は異なりますが、甘みを含んだ独特の香りをもっています。
お茶は鮮やかな赤褐色をしていて、その生産量は烏龍茶全体の半分弱を占めます。


普洱茶(プーアルチャ)

雲南省が原産の中国茶です。黒茶(=後発酵茶)の分類に属し、一度できあがった緑茶の茶葉に微生物を植え付け、発酵させることで完成します。普洱茶ならではの熟成香にはファンが多く、長期保存による年代物には高値が付けられることもあります。


ジャスミンティ

ジャスミンティは、かつて烏龍茶よりも多く日本に輸入され、日本人にも馴染みがあるお茶です。中国では「茉莉花(まりか)」と呼ばれ、数ある花茶のなかで“クイーン”と呼ばれるほどの人気があります。


アッサム紅茶

アッサム紅茶は、北東インドのブラマプトラ河両岸に広がる「アッサム平原」で栽培される紅茶です。世界有数の雨量を誇る土地で育まれたお茶は、強い甘みと味わい深いコク、そして芳醇な香りが特長です。ミルクティーに最適の紅茶とされています。

二重橋(nijubashi)の由来

店名の「二重橋」とは、皇居正門のお堀に架かる橋のことです。当店は、中国で自然にたしなまれているタピオカドリンク、中国茶やフルーツティーといった食文化を、日本のみなさまにも楽しんでいただきたい、そのための架け橋になりたいという願いからオープンいたしました。 美味しいものは、どこの国でも人びとを笑顔にします。本場で学び、製法にこだわったメニューの品々を、一人でも多くのお客さまに楽しんでいただきたく存じます。みよし市の当店に、ぜひ足をお運びください。

二重橋(nijubashi)について

  • コンセプト

    中国の美味しい食文化を日本のみなさまにご紹介する、そのための架け橋として、名古屋地区・みよし市の「二重橋(nijubashi)」はオープンしました。厳選した中国茶・もちもち感あふれるタピオカ・後味さわやかなフルーツティーをご用意し、みなさまのご来店をお待ちしております。

  • メニュー

    当店では、タピオカドリンク・ザンザンミルク・岩塩クリームチーズティー・原味茶・フルーツティー・スムージーを各種お取り扱いしております。甘さや氷の量、トッピングなど、お客さまのお好みに合わせてオーダーしていただけます。

  • お問い合わせ

    当店の営業日・時間・メニューに関するご質問や、採用についてのご相談などがございましたら、こちらの専用メールフォームまたはお電話よりお気軽にお問い合わせください。

▲TOPへ